1. トップ
  2. 児童発達支援とは?

児童発達支援とは?

児童発達支援とは?

児童発達支援は発達に心配のあるお子さまや障がいを持ったお子さまが、

できる限り身近な場所で支援を受けられるよう、療育を行う専門性ある事業の名称です。

未就学のお子さまに対しての共通支援課題は、

  • 他者を認識する
  • 他者のお話を聞く
  • お座りをする

と考えております。これらを繰り返しトレーニングを行います。

子どもたちは放っておくと、ひたすらウロウロ歩き、走り、飛び回り、目に入った興味があるものに触れ、口に入れようとしたりします。ぐるぐる回っていたり、なども含めてそれを個性と呼ぶこともできますが、障がい者としてではなく、ひとりの人間として生きていくときに、その個性は「勝手」という言葉に変換されます。もちろん勝手な時間は、大人になっても必要ですが、それだけでは生きていけません。かといって、強制的に自由や勝手を取り上げることもできません。

勝手ばかりでは、社会や学校に出た時に、必ず衝突します。その衝突が、お子さまの行動や気持ちを萎縮させてしまうので、そうならないように勝手から、しつけ、そしてルールの理解へと導いていきます。くり返し、くり返し練習します。でもその練習の強制要素が強ければ、お子さまは反発して訓練の土台にも上がりません。

たとえば、お友だちとコミュニケーションがうまくできないお子さまには、子どもの小集団に複数の指導者が仲介に入り、お子さま同士で「楽しく遊べた」といった経験を積み上げます。ほかにも、お椅子に座ることができない子は、椅子取りゲームや、だっこゲームなど強制要素を少しでも取り払い、座るということを覚えていたきます。

こぱんはうす さくら 那珂川教室のプログラム

対象年齢:0歳児~未就学児(小学校入学前まで)

知能改善訓練の重視

知育玩具や知育ソフトだけではなく、TEACCHメソッドなどで認知力を高めます。

音楽や絵本、遊びを使った情緒表現力の向上

音楽の力、言葉の力、社会の力、そして最終的には愛する力。
多種多様な道具を使って情緒を高めます。

他者との関わりを重点にしつけやルールを吸収する力の充実

ABAメソッドに沿い、こうしたらこうなる、ということを徹底的に理解させます。

しつけやトレーニングの実践

手洗いやうがいといったしつけも行える環境を整え、母乳離れやトイレのトレーニングも実施いたします。

一日の流れ